富川建設の家づくり

木造軸組 在来工法

気候風土に調和し、自然に溶け込むような落ち着いた気品ある美しさ

日本住宅の主流日本の気候風土にピッタリ

日本の気候風土に調和し、自然に溶け込むように落ち着いた気品ある美しさが特長です。

木は有機質素材(生命のある材料)です。木のそのものが呼吸しており、夏は室内の湿気を吸い込み(1本の柱で1日ビール3~4本分)、乾燥してくるとそれを吐き出し、室内の湿度を自動的に調節してくれます。

他にも塗壁や畳など断熱効果が高い材料が使われ、高温多湿の日本の気候風土にはピッタリです。

フクビ エアサイクル

地球環境を守るためにも、これからの住まいは省エネルギー型であることが必要です

「エアサイクルの家」は機械を使わないパッシブソーラーハウス。快適な住みごこちが、自然のエネルギーと熱の法則によって得られます。冬は太陽熱によって起こるエアサイクル層の空気の上昇。そしてつねに冷えた方へと向かう空気の流れ。この熱の法則によって、換気口を閉じて密閉された壁・小屋裏・床下の連通空間の中で暖気の循環が起こるのです。

また夏は換気口を開放し、上昇する熱気を小屋浦換気口から外へ逃がし、床下換気口から涼風を取り込んで躯体を冷やします。

涼房 夏は壁・屋根の遮熱、熱気の排出
暖房 冬は空気の流れで、躯体内環境を向上

フクビ化学工業株式会社詳しくはちらへ エアサイクルの家

アキレス 外張り工法

省エネルギー・健康・快適空間を追求した高気密・高断熱工法です。

  1. 省エネルギー 省エネルギー 高い断熱性を誇るウレタン変性イソシアヌレートホームで建物を外側からスッポリと覆い従来の軸間断熱では解決できなかった断熱欠損を解消、合わせて高い機密性を確保します。そのため全室冷暖房をしても暖房費、冷房費を大幅に節減することができます。
  2. 快適空間 全室冷暖房であり、構造体や床下スラブが蓄熱体として機能するため温度差が少なく安定した温熱環境を実現します。 冬の朝の炊事、洗濯、洗顔、夜のトイレも苦になりません。
  3. 結露防止 結露防止 計画換気が基本となり断熱欠損もないところから結露の発生を防ぎます。結露が発生すると大事な建物の耐久性を損なうばかりではなく、カビ、ダニの発生を誘発し住む人にとっての健康にも悪影響を及ぼします。
  4. 自由設計 軸組工法にも枠組工法にもご採用いただける最もシンプルな工法であるため、安定した性能を確保出来るだけでなく間取りの制約も少なく自由設計が可能になります。また屋根断熱であるため小屋裏も室内空間として活用でき、将来の増改築にも簡単に対応できます。

Achilles詳しくはこちらへ

ダイケン ダイライト構法

ダイライト

21世紀の先進ブランド

  1. 最大の特徴は、高強度「筋かいレス」の実現! 外壁と内壁の下地に高耐力面材ダイライトを採用する「ダイライト構法」によって、合計壁倍率5という画期的な強度と、「筋かいレス」という工法革命の2つを一挙に実現。住まいの構造を提供いたします。
  2. さらに、万一に安心な「防火性」を実現! ダイライト面材とサイディングの二重の防火材料で住宅の外周を覆うことで、住宅全体の防火性を高めることができます。
  3. 壁倍率が5「間取り・開口部の自由度」アップを実現! 外壁+内壁=合計壁倍率5という画期的な強度「筋かいレス」によって、間取りの自由度がアップします。と同時に、窓などの開口部を増やしたり大きくしたりすることも可能になり、採光性の良い、健康的な住宅を提案することができます。
  4. 住宅を丈夫で長持ちさせる「通気構法」が標準。 ダイライト構法は透湿抵抗値が低く、白蟻にも強いダイライト面材で外周を覆う通気構法が標準です。 湿気に強く、壁体内の結露を抑え、土台や柱の腐朽を防ぎ、住宅を丈夫で長持ちさせます。

Daiken詳しくはこちらへ

旭化成 ネオマフォーム外張断熱工法

「住環境」から「地球環境」へ21世紀。
これから、私達はどういう暮らしや社会をむかえていくのでしょうか。

外張断熱工法

ネオマフォームは断熱性が優れているので、より薄く使用でき火災に対しても安心。軸組、構造体の外側に断熱層を設ける工法。断熱工事上の省力化が図れ、工法的にも明解で、安定した性能が発揮できます。

充填断熱工法

軸組の間、構造の隙間に断熱材を施工する工法。戸建住宅などでは最も一般的な断熱工法。住宅のデザイン等への制約も少なく、比較的ローコストで断熱化できます。

ネオマフォーム詳しくはこちらへ

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。