新潟県見附市に於いて、先進の技術と実績で、安心安全で快適な、信頼される建物造りに励んでおります。

0258-63-5200

電話受付 8:30 ~ 19:00(平日・日・祝日)

富川建設の家づくり 
フクビ エアサイクル工法


Kenkoをデザインする

「人の健康」をデザインする

家づくりを通して、住んでいる人たちを幸せにする−。「エアサイクルの家」が目指すのは、そんな木造住宅のご提供です。幸せとは、家族皆が健康に、安心して長く暮らし続けられることと言い替えられます。そのために大切なポイントは大きく3つあります。

温度差や結露のない快適空間を生み出して、住む人の「体と心の健康」を支えること。「家の健康」を長期間にわたって維持し、将来への不安なく過ごせるようにすること。こられを実現するために、地球環境に大きな負担をかけず、地域の工務店による家の建設やメンテナンスが可能な汎用性の高い仕組みとすること。

エアサイクルの家は、「人の健康」や「家の健康」のデザインを通して、皆様を幸せにする家づくりを進めています。

体の健康
均一な室内環境でヒートショックを防ぐ

日本人は、四季折々の自然と共生しながら暮らしてきました。家は、そんな日本人の生活に密着した存在です。

ただし、かつての木造住宅は断熱性が低く隙間風が入り込むつくりだったので、住む人の体に負担を強いてきました。例えば冬の日、暖かいリビングから冷え切った浴室やトイレに移動すると、急激な温度変化に見舞われます。こうしたヒートショックは、血圧の急変や心筋梗塞などを引き起こします。「体の健康」に良い家とするには、まずヒートショックを発生させない温熱環境づくりが求められるのです。

エアサイクル工法は、家全体を外張り断熱で包み込み、外気の影響を受けにくい安定した室内環境をつくり出します。さらに夏は、外壁に設けた通気層によって壁内にたまる熱気を逃します。冬は通気層に閉じ込めた空気を断熱材として活用しながら、昼に屋根や壁、床下で蓄えた熱を夜間に放熱して冷却を防ぎます。エアサイクルの家は、このように複合的な仕組みで適切な温熱環境を確保し、身体に負担のかからない住空間を生み出します。

外が暑い夏でも、エアサイクル工法の室内は快適な温度を保ちます。



工法

  • 木造軸組 在来工法
  • アキレス キューワンボード外張り断熱工法
  • フクビ エアサイクル工法
  • ダイケン ダイライト耐震工法
  • 旭化成 ネオマフォーム外張り断熱工法
トミゾォォ───ッ!!!  ページの先頭へ